相談

特定贈与信託で支える障がい者の生活

特定贈与信託で支える障がい者の生活

特定贈与信託は、障がい者のための信託として重要な役割を果たしています。この記事では、特定贈与信託の概要とそのメリットについて解説します。

特定贈与信託とは、障がい者の生活を支援するために設計された信託の一種です。この信託は、障がい者本人またはその家族が設定者となり、障がい者を受益者として指定します。信託財産は、障がい者の生活費や医療費、教育費などに使用されます。

この信託の最大のメリットは、障がい者の生活を安定させることができる点です。特に、親が亡くなった後の生活資金の確保や、将来の医療費の準備に役立ちます。また、特定贈与信託は相続税の特例が適用されるため、税金の負担を軽減できることも大きな利点です。

信託を設定する際には、受託者の選定が重要です。受託者は、信託財産を適切に管理し、障がい者のために最善を尽くす責任があります。信頼できる専門家や家族を受託者として選ぶことが望ましいでしょう。

特定贈与信託は、障がい者の生活を長期的に支えるための有効な手段です。障がい者本人やその家族にとって、安心して生活できる未来を築くための一助となるでしょう。

おすすめ